頬骨削りをする前に理解しておきたいこと

手術した後について

頬骨削りエラ削り-輪郭|美容整形ならリッツ美容外科 - リッツ美容外科 大阪院

コンプレックスを解消する方法頬骨削りってどんな手術をするの?手術した後について

その後の経過措置ですが、基本的にはダウンタイムが2週間程度続くことになります。
縫った個所に関しては、痛みが伴うことは少ないです。
傷も2週間もすればある程度見えなくなってきます。
もともとあごの下側からミスをいますので、正面から見た時や横から見た時に目立つことはまずありません。
ちょうど骨の部分の内側にメスが入りますが、そのあたりに傷をつけるためほぼ目立たないわけです。
そのあたりにしわがある場合には、しわに沿ってメスを入れますのでますます目立ちません。
縫った時の意図は消えてなくなるものを使いますので、抜糸もする必要がないのがポイントになります。
このように、非常にたくさんのメリットがある頬骨削りですが、実はそれ以外にもボトックス注射と呼ばれる方法があります。
ボトックス注射は筋肉を縮小させる働きがあるため、これを削る代わりに筋肉を減らすことで顔を小さく見せる方法です。
当然筋肉が発達していないと意味のないものになりますので、最終的に判断をするのは医者になります。
レントゲンなどで見て、骨が出ているのかそれとも筋肉によって顎が発達しているかで手法を変えてくるといってもよいでしょう。
この方法は、エラを削るのと異なり半永久的に顔が小さくなるわけではありません。
筋肉が縮小している間はいいですが、3カ月から4カ月も経過するとその効果が薄れてきます。
そのような点においては、頬骨削りは有効な方法と言えるかもしれません。
それ以外にも、かつては筋肉を切除するやり方もありました。
この方法は、最近あまりおこなわれていません。
なぜかといえば、筋肉を切除することにより神経がマヒしてしまう可能性があるからです。
その代わり出来上がったのが、ボトックス注射になるわけです。
それ以外にも、顔を小さく見せるためには脂肪溶解の注射を打つ方法もあります。
これはボトックス注射と同じように、頬骨削りと異なりメスを入れませんので傷跡は目立たないでしょう。
ただ、時間の経過とともに再び顔が元通りになってしまうこともあるためやはり半永久的に続く頬骨削りはある意味魅力的なことがわかります。
ちなみに、頬骨を削るときの費用は25万円から30万円ぐらいが相場です。

【口ゴボ整形の失敗例&名医紹介】

口ゴボ解消の手術は顎を分解し、口元の突起感(もっこり感)を解消し、同時に顎の前だし手術も可能です

メジャーな方法としてはセットバックがあるのですが、歯を抜歯する必要があり、術後の矯正も必要です。


名医のご紹介はこちらから🔻https://t.co/MjyXTNbyD1

— 輪郭整形の名医相談所🏥エラ削り•頬骨削り•顎削り•vライン形成•バッカルファット除去•脂肪吸引 (@kazannel) 2019年4月12日