頬骨削りをする前に理解しておきたいこと

頬骨削りってどんな手術をするの?

コンプレックスを解消する方法頬骨削りってどんな手術をするの?手術した後について

では、どのようにして手術をするのでしょうか。
基本的には、エラの部分にメスを入れて骨を削っていくことになります。
当然、部分麻酔や全身麻酔を行いますので痛みが伴いません。
部分麻酔を行う場合でも、注射に工夫が施されていることが多いです。
例えば、今までの注射の太さが0.3ミリぐらいだったのが0.03ミリぐらいまで小さくなっており、注射をしてもほとんど痛みが伴わないのが特徴です。
まるで蚊に刺されたような程度の感覚しかありません。
そもそも、注射針の直径を小さくしているのは、蚊の針の部分をイメージしていることも少なくありません。
蚊に刺されても痛みが伴わないため、同じぐらいの太さにすれば少なくとも麻酔をするときに痛みが伴わないと考えたわけです。
それ以外にも、しびれ薬をあらかじめ塗ることで痛みを感じさせないようにしている傾向があります。
これにより、多くの人が恐れていた「美容整形をすることにより痛みが伴う恐怖」を払拭させることが可能になりました。
後は、どのように削るかはその担当医によって変わってくるところです。
ある程度経験している人ならば、きれいに削ります。
ちなみにエラ削りの欠点があるとすれば、それは一度削ってしまったところは元に戻らないことです。
そのため、最初の段階でかなりシミュレーションをしてどのあたりまで削ったら顔が小さく見えるかを必死に考えてきます。
もちろんベテランの先生ほど、そこまで深くは考えません。
結果的に、比較的短時間で結果を出すことができるようになります。